High Society
Learn a thing or two about the cafe society.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
上流英語の将来
 上流階級英語は今、絶滅の危機に瀕していると言っても良いくらいである。2000年には女王が上流階級英語を話していない、とする分析まで発表された。また、言語学の本では、"Old-Fashoned U"という表現が用いられ、いわゆる上流階級が昔ながらの上流英語を話していないという現象を示している。たとえば、Old-Fashoned U では、humour や hotel の語頭の "h" は落ちてしまうのにたいし、現在の U では息遣いの音が聞こえるほど強烈である。むしろ、語頭の"h"の欠落は、ロンドンの労働者階級英語(コックニー)のものだという認識の方が広いくらいである。また、"l"の前に"w"の音が入る現象も今や古い現象であり、上流階級の若者にはこうした傾向はほとんどない。

 こうした現象の背後には、テレビやラジオ、そしてインターネットの普及がある。また、高いレベルの教育が上流階級の子女だけであった時代と異なり、一般に普及してきたことも要因として挙げられるだろう。いわゆる上流階級英語とは、パブリックスクールの寄宿舎で寝食を共にする子供たちの間で流通し、やがて子供たちが成長するとオックスフォード大学やケンブリッジ大学に進学し、オックスブリッジ英語として権威を得るようになった隠語的存在である。ある特定の集団内でしか通用しない言語体系だったのである。そして、その集団に属する資格や財産を持っているのが上流階級であったということにすぎない。従って、そうした集団内に身分という資格が取り払われ、奨学金によって財産という障壁が取り除かれて開放された結果、上流階級英語はそうでない階級のものと混合・融合し、階級横断的な言語へと変貌しつつある。つまりは、社会的変動の波に飲み込まれ、上流階級のみならず、上流階級英語もまた、境界線のぼやけたものになっていっている。

 ロス教授は、50年前、上流階級とそうでないものとを隔てる壁はもはや言語だけであると語ったが、21世紀を迎えた現在では、世襲制の称号を持っているかどうかだけが上流階級とそうでないものとを隔てる壁になったようである。一代限りの称号は、栄誉として広く国民に与えられるものであるため、やはり、世襲制というものが大きくクローズ・アップされてこよう。しかし、ブレア首相の貴族院改革によって政治的影響力もさらに減少しつつある世襲制の貴族たちは、社会との繋がりを急速に失い、貴族という特殊な集団内のみに存在することを放棄し、やがては一般大衆に迎合しなければならなくなることが予想される。こうした交流を通じて、上流階級英語はますます消えていくことだろう。もしかすると、もう50年も経てば、上流階級英語は現在のシェイクスピア研究のように、あるいはラテン語研究のように、『現在では使用されていない過去の言語』に区分された研究分野となっているのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人さんについて
こんにちは。
以前からずっとBOOKMARKに登録していました。
僕はイギリスに住んでいて、現在GAP-YEAR中です。ずっと全寮制の男子校に通っていましたが、やはり両親は日本人・実家に帰れば会話は日本語という環境なもので、どうしても自分の理想である英語を話す事が出来ません。かと言って友人に毎回毎回英語の質問をするというのも、変なプライドが邪魔して出来ません。
そんなある種の絶望期に偶然このサイトを見つけました。すると今までに無い完璧で正式なイギリス英語が紹介されているので驚きました!! というのも学校に爵位のある家出身の友人が多かったのですが、彼らが正式な英語を学校で口にしないので、外国人である自分は少しでも彼ら追いつく為に、インターネットを駆使して独学で正式な英語の知識を学ばざるを得なかったからです。それなのに、インターネット上のイギリス英語に関する情報の大半は間違っているものでした。
一体どのようにして管理人さんは、このような完璧な知識を得られたのですか?
手紙の書き方などは、なんとなく気付いてはいましたが、初めて規則を知りました。
貴族でさえも手紙に
Mr.*********,
**WHITEHALL COURT,
LONDON SW1A ***,
ENGLAND.
と書く始末です。
イギリスに住む一般の10代の子供達はイギリス英語どころかアメリカ英語を話し始めているようです。もう本当に上流階級英語は絶滅に瀕しているようですね。
僕は個人的に上流階級英語を残しておきたいです。そのためにも、このサイトほど有意義な情報は他にないので、これからも内容を充実させて下さい。ご迷惑かもしれませんが、僕もあらゆる質問をして、このサイトの発展に貢献したいです。
2004/12/09(木) 01:04:54 | URL | ETONIAN #-[ 編集]
手紙の宛名について
さっそく質問を思いつきました!
クリスマスカードを書こうと思い、宛名を書こうとした時に気が付いたのですが、個人宛では無くてファミリー向けの場合にはどうするべきなのか教えて下さい。
一応母親に聞いてみたところ、Seymour家の皆様に差し出す場合は、'THE SEYMOUR FAMILY' だと言っていましたが、なんだか信用できません…。
それだったら普通に'THE SEYMOURS'とか'THE SEYMOUR HOUSE'でも良いのではないでしょうか。
些細な事ですが、とても気になるので教えて下さい。
また他にも宛名書きの注意点やクリスマスカードの内容に相応しい文章などご存知でしたら参考にしたいので教えて下さい。よろしくお願いします。

ps
以前は何も気にせずに、適当な文章を少しばかり書き、余計にも家族の写真を同封してました(笑)
2004/12/09(木) 05:59:42 | URL | ETONIAN #-[ 編集]
クリスマスカード
今も貴族制を残す英国においては、いわゆる『家父長制』の考え方でいくと良いですね。つまりは、その一家のお父さんが中心となります。

Dear Mr *** and the family

ETONIANさんのお母様のご指摘は、主に米国で一般的な用法です。よく誤解のあるところなのですが、日本人は

Mrs Hanako Yamada

と、このようにしますが、実はMrsはMrの所有格なんです。"Tom's"という所有格の"s"なんですよ。したがって、山田太郎さんの奥さん(名前は花子であっても)と言う場合、"Mrs Taro Yamada"となります。英国ではこの言い方はまだ生きています。

この表現が差別的だということで、米国ではMsという言い方が出来ました。日本でも『夫人』というのが『夫の人』という意味で差別的とされましたね。

従いまして、ご夫妻宛に手紙を書く場合、Mr & Mrs Taro Yamada となります。
2004/12/12(日) 00:51:20 | URL | ハイソ管理人 #Pg6Ch65A[ 編集]
ありがとうございます!
ETONIANさま、

大変直褒めの言葉をいただきまして、こうしたサイトを開いて良かったと思っております。このサイトは、実はよく友人たちから英語の質問を受けるので、そうした疑問を持っている、僕と繋がりのない多くの人々とも交流を開きたいとの思いから開設いたしました。

こちらに掲載している情報は、主に自分自身の体験からです。基本的にはすべて英国人に聞きました。貴族にも中産階級にも尋ねて歩きました。外国人なのだから知らなくて当然という態度で図々しくも質問攻めをしていました。

幸せだったことには、パブリック・スクールの英語教師と友人で、そうした語学の達人に教えを乞えたことができたことです。単に英国人であるというだけでは正確な答えは期待できません。我々日本人が誰でも国語の教師になれるわけではないことと同義です。彼は英語史も文化にも歴史にも通じている人で、興味もある人なので、こちらの質問にもいつも快く引き受けてくれます。
2004/12/12(日) 01:03:41 | URL | ハイソ管理人 #-[ 編集]
発音について
詳細な説明ありがとうございました。家父長制の考え方が良く解かりました。次に手紙を書く時に是非試してみます。

不運にも在校時は同級生の目もあるので、国語の先生と親しくする事はあまり出来ませんでした。本当に単に英国人であるというだけでは正確な答えは期待できないですよね。これに関しては僕もしみじみと実感しました。学校では正確な英語を学びましたが、休暇中にロンドンの語学学校に行った際に、先生が『間違った発音で間違った文法』を教えていた事にはとても驚きました。多くの日本の文法書も信用できません。

管理人さんと先生の友人に発音に関しての質問なのですが、'people'はどのように発音しますか?たまに『ピープル←プルは速くて小さい音』で話す人がいます。それと'white'を『ホワイト』と発音する人もいます。僕も言われてみると、どちらで発音していたのか分からなくなりました。
2004/12/24(金) 00:51:14 | URL | ETONIAN #FrUoCQUQ[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/21(土) 09:52:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。