High Society
Learn a thing or two about the cafe society.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
上流英語の将来
 上流階級英語は今、絶滅の危機に瀕していると言っても良いくらいである。2000年には女王が上流階級英語を話していない、とする分析まで発表された。また、言語学の本では、"Old-Fashoned U"という表現が用いられ、いわゆる上流階級が昔ながらの上流英語を話していないという現象を示している。たとえば、Old-Fashoned U では、humour や hotel の語頭の "h" は落ちてしまうのにたいし、現在の U では息遣いの音が聞こえるほど強烈である。むしろ、語頭の"h"の欠落は、ロンドンの労働者階級英語(コックニー)のものだという認識の方が広いくらいである。また、"l"の前に"w"の音が入る現象も今や古い現象であり、上流階級の若者にはこうした傾向はほとんどない。

 こうした現象の背後には、テレビやラジオ、そしてインターネットの普及がある。また、高いレベルの教育が上流階級の子女だけであった時代と異なり、一般に普及してきたことも要因として挙げられるだろう。いわゆる上流階級英語とは、パブリックスクールの寄宿舎で寝食を共にする子供たちの間で流通し、やがて子供たちが成長するとオックスフォード大学やケンブリッジ大学に進学し、オックスブリッジ英語として権威を得るようになった隠語的存在である。ある特定の集団内でしか通用しない言語体系だったのである。そして、その集団に属する資格や財産を持っているのが上流階級であったということにすぎない。従って、そうした集団内に身分という資格が取り払われ、奨学金によって財産という障壁が取り除かれて開放された結果、上流階級英語はそうでない階級のものと混合・融合し、階級横断的な言語へと変貌しつつある。つまりは、社会的変動の波に飲み込まれ、上流階級のみならず、上流階級英語もまた、境界線のぼやけたものになっていっている。

 ロス教授は、50年前、上流階級とそうでないものとを隔てる壁はもはや言語だけであると語ったが、21世紀を迎えた現在では、世襲制の称号を持っているかどうかだけが上流階級とそうでないものとを隔てる壁になったようである。一代限りの称号は、栄誉として広く国民に与えられるものであるため、やはり、世襲制というものが大きくクローズ・アップされてこよう。しかし、ブレア首相の貴族院改革によって政治的影響力もさらに減少しつつある世襲制の貴族たちは、社会との繋がりを急速に失い、貴族という特殊な集団内のみに存在することを放棄し、やがては一般大衆に迎合しなければならなくなることが予想される。こうした交流を通じて、上流階級英語はますます消えていくことだろう。もしかすると、もう50年も経てば、上流階級英語は現在のシェイクスピア研究のように、あるいはラテン語研究のように、『現在では使用されていない過去の言語』に区分された研究分野となっているのかもしれない。
スポンサーサイト
上流発音
 上流階級の発音では、もごもご話すような感じではあるが、一方で聞き取りやすく高いトーンでゆっくりと話されることが多い。ただ、曖昧な発音が出てくるので、慣れるまでには多少の時間を要するかもしれない。

get⇒bitのようなリズムに。
just⇒bestのようなリズムに。
catch⇒fetchのようなリズムに。
spoon⇒boonのようなリズムに。
gone⇒bornのようなリズムに。

"l"を発音しない
golf → gof
Ralph → Raph
solder → soder
falcon → facon
Malverin → Maverin など

母音を複数認識する
re-a-lly
i-de-al

[w]が入る
fault → fawlt
also → awlso
Balkans → Bawlkans
Baltic → Bawltic
halt → hawlt
malt → mawlt
salt → sawlt  など

fire⇒farのように発音
tyre⇒tarのように発音
hair⇒herのように発音
vase⇒barsのように発音
W⇒double-youのように発音( dubby-you はより下層 )
handkerchief⇒handkerchiffのように発音
surely⇒showlyのように発音

"ou"の発音が"eu"になる
go → ゲウ
post → ペェウスト
office → エフィス
over → エゥヴァー
            など

there⇒tharのように発音
U と Non-U
 "U" は "Upper Class"(上流階級)を意味し、"Non-U" は "Non-Upper Class"(非上流階級)を意味する。この用語法は、1956年、英国バーミンガム大学のロス教授が、その後の英国における社会言語学に大きく影響を与えることになった論文の中で初めて使用された。その論文のタイトルは"U and Non-U -An Essay in Sociological Linguistics"で、言語の発音や言葉の選択に関して、英国社会を『上流階級』と『そうでない者』とにばっさりと切り捨てた。くしくもチャーチルが英国民は富者と貧者に二分されていると評した時期と重なっている。その著書の中で、ロス教授は1956年当時ですでに「上流階級とそうでない者との区別は言語だけである」と述べている。ヴィクトリア女王時代やエドワード王時代と異なり、教育の程度や清潔さ、財産を基準とする区別はほとんど意味が無くなったとしている。同様に、中産階級の台頭や民主主義の発達に伴い、支配階級としての役割も漸減していき、大衆の上昇志向によって、若干を除き、生活スタイルでの相違も大きなものではなくなったと主張している。しかし、こうした状況にあってもなお『上流階級』と『中流・労働者階級』とを隔てる大きな壁が存在しており、それがアクセントや言葉の選択、文章構造であるとロス教授は主張しています。習慣として長年を掛けて培われてきたものは身に染みつき、なかなか離れないのである。以下にロス教授が提唱した U と Non-U を紹介するが、しかし、その後、ロス教授の著書が有名になることで、Non-U の人々が意識して U 言語を用い始め、皮肉にも U と Non-U の区別がさらに見えにくいものとなった。現在ではかくのごとく分類がまず意味を為していないことを付記しておく。

Vocabulary
意 味 / U-Speakers / Non-U Speakers
風呂に入る have one's bath, take a bath
バス bus, coach
掛け布団 counterpane, coverlet
薬味入れ salt-cellars, pepper-pots
教養のある civilised, cultivated
もう一杯いかが? Have some more tea?, How is your cup?
自転車 bike or bicycle, cycle
昼食 lunch or luncheon, dinner
夕食 dinner or supper, evening-meal
正装 evening dress, dress-suit
野菜 vegetables, greens
家 house, home
乗馬 riding, horse-riding
病気の sick, ill
(トランプの)ジャック knave, Jack
居間 hall or dining-room, lounge
気の狂った mad, mental
鏡 looking-glass, mirror
ノート writing-paper, note-paper
(相手の言葉が聞き取れなかった時) What?, Pardon?
(謝罪する時) Sorry., Pardon.
(ゲップが出てしまった時) (Silence), Pardon.
ジャム jam, preserve
香水 scent, perfume
ラジオ wireless, radio
ナプキン table-napkin, serviette
勉強する work, study
教師 master or mistress, teacher
トイレット・ペーパー lavatory-paper, toilet-paper
お金持ち rich, wealthy
プディング(菓子) pudding, sweet
入れ歯 false teeth, dentures
電報 telegram, wire
英国 England, Britain
スコットランドの Scotch, Scottish
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。